ブログ

株主優待に使う時間も考慮して取得します。

株主優待を入れている箱

株主優待のデメリットは大量の郵便物が届くようになり、処理に時間が必要となる点です。特に3月末・9月末の権利確定銘柄の総会シーズンは膨大な郵便物が届き、部屋を占拠します。

封筒に優待が入っているか否かが明示されていればスペシャルです。しかし、そうではないケースも多々あります。

「株主優待以外はメール」「ネット証券の管理画面でのデジタル交付」というオプションがあれば最高であるものの、現実はそうではありません。金融庁・経済産業省などの方と会う度にリクエストしていますが、一向に具現化しません。

また、アパート・マンション・郵便受けが小さい家などの場合は、封筒の山が郵便入れ・BOXに入りきれず、普通郵便も直接受け取る必要が生じる場合もあります。

うっかりこの時期に長期間の海外旅行に行くと悲惨な結果となるケースもあり、自由を縛られます。

忙しい方の場合、処理に必要な時間も考慮して、取得するか否かを検討する必要がありますね。

-ブログ

Copyright© The Goal 逆日歩部屋 , 2020 All Rights Reserved.